梅雨時の体調不良には「汗をかきやすい体づくり」がおすすめ

みなさま、こんにちは!回生堂スタッフです。

梅雨の季節ですが
いかがお過ごしでしょうか?

あちこちで紫陽花がきれいに咲いていますね。
紫陽花をみると、
小学校の登下校を思い出すのは私だけでしょうか?

当時は「きれい」などと思わずにカタツムリを
一生懸命探していたような記憶があります。

今では、歳を重ねたせいか
色とりどりで、優しげな色合いが
とても気持ちを穏やかにさせてくれます。

梅雨の体調不良

それでも、雨が続くと気持ちも落ち込みがちに。

梅雨の時期は、気温や湿度に差があるために
自律神経が乱れやすく気分にも変化が。

それだけでなく、湿度が高いことから、
普段よりも「体の中の水分」が
発散されにくくなるといわれています。
そのため、体調不良に陥る方が増えるのです。

このことを東洋医学では『湿邪』といい、
とくに女性は気分が優れずに、
冷えやすくなるそうなので注意が必要です。

『湿邪』の対策は?

湿邪の対策は汗をかきやすい体をつくること。

軽い運動もいいですし、何より簡単な方法は
「お風呂にゆっくり浸かる」ことでしょうか。
ぬるめのお湯に15分程度が目安です。

ムリせずに、しっかりと水分をとり、
気持ちいいという程度でお風呂から上がりましょう。

この記事を書いた人

回生堂『つるぽか』スタッフ

回生堂『つるぽか』スタッフ

トップへ