「温冷交代浴」でリフレッシュ

皆様、こんにちは!

回生堂『つるぽか』スタッフです。

いつも当店をご利用いただきまして、
誠にありがとうございます。

皆さんは温泉や銭湯に行った際、サウナと水風呂に入りますか?
私は必ず利用しています!(むしろそれが目的な時も)

サウナで火照った体を、冷たいお水で冷やすことによって
血管が収縮し、血の巡りがよくなって、お風呂から上がっても
ずっと代謝が続いてるような感覚になれて爽快です。

今回は、そんな素晴らしい温冷交代浴の効果や
自宅で実施するための方法をご紹介いたします。

温冷交代浴で自律神経が整います

「温冷交代浴」は近年、その効果が話題になっている
入浴法で、当初はヨーロッパの温泉療法のひとつ
として行われていました。最近ではアスリートが
疲労回復手段として用いています。
冷と聞くと えっ、冷たい水でやらなければと
思われるかもしれませんがご安心ください。
自宅でできる方法をご案内します。
 
まずは40℃のお湯に3分間肩まで浸かり、その後、
湯船から出て30℃程度のぬるま湯を手足の先の方に
シャワーで30秒ほどかけます。これを3回繰り返し、
最後はお湯に浸かってお風呂から出ます。
 
だけど、30℃くらいでは冷浴とは言えないのでは…
と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、
10℃の違いは交感神経へ十分な刺激になります。
交感神経が刺激されることで、筋肉が収縮し
血管も収縮されます。血管の拡張と収縮の繰り返し
によって血流が改善されることで、末梢血管の循環
やむくみが改善され、疲労で発生した炎症物質の
減少をもたらすと考えられています。

とても気持ちがいいですし、健康にもなれて
一石二鳥!良ければ、みなさんも是非お試しください。

この記事を書いた人

回生堂『つるぽか』スタッフ

回生堂『つるぽか』スタッフ

トップへ