疲れ目に効く入浴法

皆様、こんにちは!
回生堂『つるぽか』スタッフです。
いつも当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

近年、スマートフォンやタブレットが急激に普及し、一日の生活の中で、「スマホやPCの画面を見ない」という方はほとんどいないのではないでしょうか。

スマホはとても便利な反面、近くのものを長時間見続ける関係上、目に負担がかかりやすく目の疲れを感じる方も多いかと思います。
今日は、そんな方にオススメの入浴方法をご紹介します!

目をあたためて、疲れ目を予防

仕事をしながら目をシバシバさせて、こめかみや目頭をマッサージしている方もいるのでは・・・。症状が重くなると肩こりや頭痛を誘発することさえあります。

眼精疲労の原因の一つとして「目の周囲の血流が滞ること」が挙げられます。つまり、目の周囲の筋肉が緊張し、血の巡りが悪くなることで疲労物質が溜まってしまうようです。

また、目のピントを合わせるには自律神経が深く関係していて、バランスが崩れることにより眼精疲労が起きてしまうのです。

では、お風呂ではどのように対処したらいいのでしょうか。お風呂で簡単に目の疲れを解消する方法があります。入浴しながら、蒸しタオルを目に当てて温めるだけです。血流がよくなるだけでなく、とても気持ちがいいのでオススメです。タオルがない場合は、お風呂であたたまった手で目を覆うだけでもホッとします。

簡単なのでぜひトライしてみてください。

この記事を書いた人

回生堂『つるぽか』スタッフ

回生堂『つるぽか』スタッフ

トップへ