素晴らしいお風呂文化の歴史

皆様、こんにちは!

回生堂『つるぽか』スタッフです。

いつも当店をご利用いただきまして、
誠にありがとうございます。

今回も、お風呂豆知識をお届けしたいと思います。

自宅でお湯に浸かる入浴スタイルは平安時代から?

世界で唯一、お風呂の文化をもつ日本。
その歴史はいつから?皆様ごぞんじでしょうか?

自宅の浴槽に溜めたお湯に浸かる入浴スタイルは、
実は平安時代からという説も・・・。
しかし、それは一部の富裕階級に限られていました。

一般大衆にも広がったのが
第二次世界大戦後の高度成長期以降のようです。
しかし、江戸時代には「銭湯」という
素晴らしい入浴文化が定着しています。

戦国時代には戦で傷ついた兵士が
温泉で療養したというエピソード、
とくに「信玄の隠し湯」は有名ですね。
日本人は古くから入浴の恩恵を授かっていたようです。

シャワーがちな現代の我々も
毎日のお風呂習慣の大切さを、
うるおい入浴液「つるぽか」を通じて、
あらためてお伝えできればと思いました。

この記事を書いた人

回生堂『つるぽか』店長

回生堂『つるぽか』店長

回生堂『つるぽか』店長の桑名と申します。 ECサイトの運営や商品の販売を担当しています。 趣味は筋トレと映画鑑賞です。 ブログを通じて、皆様の健康のお役に立てたらうれしいです!

トップへ